環境に優しい太陽光発電の仕組みとは? 太陽光発電の価格比較

環境に優しい太陽光発電の仕組みとは?

太陽光発電システムは、太陽電池、接続箱、パワーコンディショナー、分電盤という器機で成り立っています。

太陽光発電は、太陽光を太陽電池モジュール(太陽電池パネル)に集めることによって電気を作り出します。

一般的な戸建住宅の場合、屋根や屋上にこのモジュールを数枚〜数十枚設置して太陽光発電が行われることになります。

そして、その複数の太陽電池が発電した電気を集めてパワーコンディショナーに送るための機器が接続箱です。

集められたエネルギー(電気)は、その状態で使うことはできません。

太陽電池で発電する電流は直流で、家庭で使ったり電線に送るためには交流にする必要があります。。

その役割を果たすのがパワーコンディショナーなのです。

さらにパワーコンディショナーで交流に変換された電気は、屋内にある分電盤に送られます。

分電盤は、太陽電池で発電した電気を家庭内に分配、昼間に使いきれず余った電気を電力会社に売るように、外部に電気を送るのです。

以上が太陽光発電の仕組みです。

太陽光発電は熱を発生させるために石油やガスを燃やし続ける必要もないし、危険な核分裂を起こさせる必要もありません。

無尽蔵な太陽エネルギーを利用した、環境に優しい自然エネルギーなのです。

全国200社に一括で無料見積もりがとれるのはこちら

関連リンク

太陽光発電イメージ

太陽光発電の価格比較

このサイトでは、太陽光発電の価格の比較、一括見積もりのサイトを解説しています。

お問い合わせ

お問い合わせはこちらまで