太陽光発電で作られた電気を蓄電することはできる? 太陽光発電の価格比較

太陽光発電で作られた電気を蓄電することはできる?

2012年3月、パナソニックは太陽光発電による電気を蓄電し、電池として利用できるシステムを販売開始しました。

価格は約211万500円(設置費用別途)。

リチウムイオン蓄電池、パワーコンディショナ、モニターなどがセットで、またこれとは別に太陽光発電パネルの費用がかかります。

NECも同様のシステムを4月から販売を開始しています。

こちらの価格はパナソニックより安く157万5千円(設置費用含まず)。

どちらも、夜間の安い時間帯の電気を蓄電し、昼間にこれを利用して太陽光発電による余剰電力を電力会社に売ることができます。

また、太陽光発電の余剰電力を蓄電して夜間に利用し、一日中クリーンエネルギーを利用することもできるそうです。

停電時にも安定して電力が使用できるということですね。

しかし価格が高いことや長期間の保証がないこと、また電力会社との個別認証協議が必要なことなどから、普及はまだ先になりそうです。

全国200社に一括で無料見積もりがとれるのはこちら

関連リンク

太陽光発電イメージ

太陽光発電の価格比較

このサイトでは、太陽光発電の価格の比較、一括見積もりのサイトを解説しています。

お問い合わせ

お問い合わせはこちらまで