太陽光発電の「固定価格買取制度(FIT)」っていったいどんな仕組み? 太陽光発電の価格比較

太陽光発電の「固定価格買取制度(FIT)」っていったいどんな仕組み?

太陽光発電は、クリーンなエネルギーを作り出すことができる上に、月々の電気代を大幅に抑えることができるというメリットを持っています。

しかし、太陽光発電のために必要なソーラーパネルなどの装置一式を設置しようと思うと、多額の初期投資が必要となってしまうという側面もあります。

ソーラーシステムは様々なメーカーから発売されていますが、太陽光発電が普及しつつある現在でもその価格は安いとは言えないのが現状です。

それが、太陽光発電を導入する家庭数が伸び悩む原因のひとつであると言えるでしょう。

そこで、ソーラーシステムの普及を促進するために生まれたのが「固定価格買取制度(FIT)」です。

これは、家庭の太陽光発電の余剰電力を買い取るときの価格を一定に固定するというもので、この制度のおかげで太陽光発電システムの実質負担額は、半額程度になると言われています。

今後買取額は徐々に減額されていき、買取制度は廃止へと向かうということですが、買取制度廃止ののち、太陽光システム自体の価格が引き下げられることとなっていますので、実質負担額に大きな差はありません。

全国200社に一括で無料見積もりがとれるのはこちら

関連リンク

太陽光発電イメージ

太陽光発電の価格比較

このサイトでは、太陽光発電の価格の比較、一括見積もりのサイトを解説しています。

お問い合わせ

お問い合わせはこちらまで