雪の多い地方に太陽光発電は向かないというのは本当のこと? 太陽光発電の価格比較

雪の多い地方に太陽光発電は向かないというのは本当のこと?

太陽光発電は、太陽光が届くところならどこでも発電を行うことができるシステムです。そのため、屋根の形状や日照時間などの条件さえ整えば日本全国どこでも発電を行うことができるはずです。

しかし、日本は縦に長い国であり、その北寄りの地域には、太陽光発電にとって大きな問題があります。

それは、積雪です。

太陽光発電に使用するソーラーパネルは、積雪によって光が遮られてしまうと発電を行うことができなくなってしまいます。

うっすら積もる程度ならソーラーパネル自身の熱で雪が解けるため大きな問題にはならないのですが、大雪になる場合は問題なのです。

そのため、雪国ではソーラーパネルに大きく角度を付けるなどの工夫が必要となります。

積雪の問題から雪国では太陽光発電の導入自体が難しいと思われがちですが、ソーラーパネルの取り付け角度や取り付ける方角でを工夫することで、雪の少ない地方同様の発電を行うことも不可能ではありません。

全国200社に一括で無料見積もりがとれるのはこちら

関連リンク

太陽光発電イメージ

太陽光発電の価格比較

このサイトでは、太陽光発電の価格の比較、一括見積もりのサイトを解説しています。

お問い合わせ

お問い合わせはこちらまで