太陽光発電の電気が余ってしまった場合、その電気はいったいどうなるの? 太陽光発電の価格比較

太陽光発電の電気が余ってしまった場合、その電気はいったいどうなるの?

太陽光発電にとって最も有利な天候とはいつでしょうか。

太陽光発電による発電量は、日照によって大きく変化します。

日照時間が長く、しかも天気の良い日は、一年で最も多く電気を作り出すことの出来る期間だということができるでしょう。

しかし、いくらたくさん電気を作ることができたとしても、一日にそうたくさん使うわけではありません。

そんなときには、使いきれない電気が余ってしまうということも多いのではないでしょうか。

余った電気は、電力会社へと買い取ってもらうことができます。

自宅で使う電気代がかからないというだけではなく、更に収入源にもなるというのは、太陽光発電の嬉しいポイントではないでしょうか。

日照時間が長い季節と言えば真夏なので、真夏が一番発電量が多いのではないかと思われがちですが、実はそうではありません。

ソーラーパネルの発電効率は、気温が低い方が効率が良いため、気温が上がりすぎると発電量が低下してしまうという一面もあります。

全国200社に一括で無料見積もりがとれるのはこちら

関連リンク

太陽光発電イメージ

太陽光発電の価格比較

このサイトでは、太陽光発電の価格の比較、一括見積もりのサイトを解説しています。

お問い合わせ

お問い合わせはこちらまで