雨の日や曇りの日、太陽光発電で電気を作ることってできるの? 太陽光発電の価格比較

雨の日や曇りの日、太陽光発電で電気を作ることってできるの?

家庭用太陽光発電を導入するにあたって、一番気になるところはどこでしょうか。

やはり、一番は発電能力についてではないでしょうか。

太陽光発電というからには、発電のためには太陽の光を欠かすことはできません。

しかし、お天気というものは不安定なもので、毎日が晴天だというわけではありません。

曇りの日もあれば、太陽が全く見えない雨の日だってあるでしょう。

そんなお天気の悪い日は、電気を作ることができないのではないかと、不安に感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、曇っていても雨が降っていても、日中は電気を作り出すことができています。

確かに、晴天の日と比べるとその発電量は少なくなってしまいますが、天気が悪い日でも電気は作り出されているのです。

しかし、夜になって太陽が沈んでしまえば、電気を作ることはできません。

そのため、お天気よりも日照時間、つまり太陽光発電のパネルに太陽が当たる時間の長さの方が重要となります。

全国200社に一括で無料見積もりがとれるのはこちら

関連リンク

太陽光発電イメージ

太陽光発電の価格比較

このサイトでは、太陽光発電の価格の比較、一括見積もりのサイトを解説しています。

お問い合わせ

お問い合わせはこちらまで