太陽光モジュールの単結晶と多結晶ではどこが違うのか 太陽光発電の価格比較

太陽光モジュールの単結晶と多結晶ではどこが違うのか

太陽光発電の導入を検討している人であれば、一度は太陽光発電のホームページやパンフレットを見た事があるでしょう。

その時に、太陽光モジュールの種類について解説が載っていると思いますが、その時に単結晶と多結晶と呼ばれている種類がある事に気が付くと思います。

この単結晶と多結晶では何が違っているのでしょうか。

単結晶と多結晶で異なっている点はいくつかあるのですが、その中でも特に違っているのは変換効率の高さです。

もし同じ発電量で太陽光発電を使用するのであれば、単結晶の場合は設置面積が小さくなるのに対して、多結晶の場合では設置面積が大きくなってしまいます。

よって、現在住んでいる家の屋根が小さいという場合には単結晶の方が良いでしょう。

ただし、単結晶はその分費用が高くついてしまうという欠点があるので、設置面積を大きく取れるという場合には、多結晶の方を設置した方がお得です。

どちらも一長一短があるので、よく検討してからどちらにするか決めましょう。

全国200社に一括で無料見積もりがとれるのはこちら

関連リンク

太陽光発電イメージ

太陽光発電の価格比較

このサイトでは、太陽光発電の価格の比較、一括見積もりのサイトを解説しています。

お問い合わせ

お問い合わせはこちらまで