太陽光発電を設置する角度や方角によって発電量はどれだけ違うのか 太陽光発電の価格比較

太陽光発電を設置する角度や方角によって発電量はどれだけ違うのか

太陽光パネルを設置する時には、角度や方角が非常に大切になってくる事は知っていると思いますが、ベストな角度と方角で設置した場合と、そうでない場合では発電量にどれだけ差が出てしまうのでしょうか。

ベストな角度とは、南向きで30度の傾きと言われていますが、ベストな角度と方角の時に得られる発電量を100パーセントとすると、西や東向きで設置し、ベストの角度で設置した場合には、84パーセント程の発電量となってしまいます。

また、ベストな角度で北向きにした場合には、63パーセントまで発電量が落ちてしまうのです。

更に南向きであっても角度によって発電量に差が出てしまうのですが、30度から20度に傾けてしまうと98パーセントの発電量となります。

この数値を見てみると、角度も大切ですが、より方角が大切になるという事がわかるでしょう。

高いお金を支払って設置するのですから、できる限りベストな状態で取り付けができるようにしておく事が、太陽光発電の能力を最大限活用する事にもなります。

全国200社に一括で無料見積もりがとれるのはこちら

関連リンク

太陽光発電イメージ

太陽光発電の価格比較

このサイトでは、太陽光発電の価格の比較、一括見積もりのサイトを解説しています。

お問い合わせ

お問い合わせはこちらまで