太陽光発電はどのような仕組みで電気を作り出す事ができるのか 太陽光発電の価格比較

太陽光発電はどのような仕組みで電気を作り出す事ができるのか

太陽光発電はどのような仕組みになっているのか、どうやって電気を作り出しているのかを知りたいという人もいるでしょう。

太陽光発電の仕組みは、太陽光パネルに太陽の光が当たる事で電気が作られるのですが、この太陽光パネルは、太陽電池モジュールと設置台を合わせた物です。

太陽電池モジュールは発光ダイオードの逆バージョンと考えるとわかりやすいでしょう。

このような現象を光電効果と呼んでいて、この光電効果を利用しているのが太陽電池モジュールなのです。

太陽電池モジュールには、N型シリコンとP型シリコンと呼ばれている2種類が接合面に組み込まれているのですが、その接合面に光が当たる事でプラスとマイナスの正孔が発生します。

そして正孔が半導体へ引き寄せられる事で電気が発生する仕組みとなっています。

太陽電池モジュールによって発電された電気は、パワーコンディショナーと呼ばれている制御装置に流れてきますが、このパワーコンディショナーによって交流電力に切り替えられ、一般的に使用できるようになります。

全国200社に一括で無料見積もりがとれるのはこちら

関連リンク

太陽光発電イメージ

太陽光発電の価格比較

このサイトでは、太陽光発電の価格の比較、一括見積もりのサイトを解説しています。

お問い合わせ

お問い合わせはこちらまで