太陽光発電で得られる電気の量はどれぐらいになるのでしょうか 太陽光発電の価格比較

太陽光発電で得られる電気の量はどれぐらいになるのでしょうか

太陽光発電を導入する前に、どれぐらいの電気を蓄える事ができるのか知りたいという人もたくさんいると思います。

そこで太陽光発電を導入すると、どれぐらいの電気の量が得られるのかを見ていたいと思います。

太陽光発電は、太陽光パネルの種類によって発電量は多少差が出てしまいますが、それ程大きな差が出てしまう事はありません。

また、太陽が出ている日数の多い方が発電量が多くなる事は言うまでもないと思いますが、日照時間が長くて太陽の光が強い夏の方が発電量が大きくなります。

その為、月の平均でどれぐらい発電できるのかを出してしまうと、その月によってかなりの差が出てしまう為、年間の発電量で見ていくと、大体4000キロワットを少々上回るぐらいの発電量となります。

一般家庭で使用されている年間の電力消費が大体4500キロワット前後なので、各家庭によって多少異なりますが、大体電力の8割から9割近くを太陽光発電で賄う事が可能です。

電力の値上げが進んでいる現在では、かなり節約になると思われます。

全国200社に一括で無料見積もりがとれるのはこちら

関連リンク

太陽光発電イメージ

太陽光発電の価格比較

このサイトでは、太陽光発電の価格の比較、一括見積もりのサイトを解説しています。

お問い合わせ

お問い合わせはこちらまで