太陽光発電を設置するなら、オール電化でないと意味がありません。 太陽光発電の価格比較

太陽光発電を設置するなら、オール電化でないと意味がありません。

新築の段階で太陽光発電を設置するのは問題ありません。

しかし、家を建てて数年経過している家に太陽光発電を設置する場合は、内装もチェックする必要があります。

それは、太陽光発電でするということは、オール電化にしないと意味がないからです。

調理器や給湯器がガスの場合は、電気代の他にガス代が必要になってくるので、これらを交換する必要があります。

太陽光発電の設置にかかる費用を安くしてもらっても、調理器や給湯器をガスから電気に交換する費用は自己負担となり、結果、余計な費用がかさんでしまいます。

オール電化の場合は、回収が10年程度でも、オール電化でない場合は、回収まで15年程かかることが多いので、よく検討しましょう。

特に日当りの悪い屋根の場合は、回収までの期間が伸び、設置費用をローンで支払う人も、回収期間が延びてしまうことを理解しておくことが大切です。

せっかく太陽光発電を設置するなら、黒字にならないと設置する意味がありません。

全国200社に一括で無料見積もりがとれるのはこちら

関連リンク

太陽光発電イメージ

太陽光発電の価格比較

このサイトでは、太陽光発電の価格の比較、一括見積もりのサイトを解説しています。

お問い合わせ

お問い合わせはこちらまで