太陽光発電、最大のデメリットは設置費用が高いということです。 太陽光発電の価格比較

太陽光発電、最大のデメリットは設置費用が高いということです。

太陽光発電は、自宅で発電した電力を自宅で使用することで、電気代を削減することが出来ますが、発電出来るのは太陽が出ている間だけです。

当然のことですが、夜間は太陽が出ないので発電することが出来ません。

夜以外でも、梅雨や冬の太陽が出にくい時季は発電出来ず、季節や天気に大きく左右されてしまいます。

発電量が足らない場合は、電力会社の電気を使用することになるので、必ず電気代も発生します。

そして、太陽光発電がなかなか浸透しない最大のデメリットは設置費用です。

設置費用は1kwで約50万円から60万円も掛かるので、この設置費用を一括で支払うのは難しく、ローンを組む必要があります。

ローンを組んでしまうと支払い期間が伸び、実際に設置費用を回収してしまうまでには少なくとも10年から15年はかかってしまいます。

太陽光発電の費用は年々下がって来ていますが、設置するには高いので、浸透するまで、まだまだ時間がかかりそうです。

全国200社に一括で無料見積もりがとれるのはこちら

関連リンク

太陽光発電イメージ

太陽光発電の価格比較

このサイトでは、太陽光発電の価格の比較、一括見積もりのサイトを解説しています。

お問い合わせ

お問い合わせはこちらまで