夜や曇りの日の太陽光発電はどうなる? 太陽光発電の価格比較

夜や曇りの日の太陽光発電はどうなる?

太陽光発電は、太陽の光が電気を作る元となります。

つまり、太陽の光が無くなってしまう、さえぎられてしまうようなことがあれば、発電されなくなるということです。

当然のように太陽の出ている昼間しか発電できず、夜は発電されません。

それでは昼間作った電気がムダになってしまうのでは?と思われがちですが、使っていない電気は電力会社に買取ってもらえるので、ムダになりません。

太陽光発電は他にも、季節や天候によっても発電量が左右されてしまいます。

日差しの弱い冬場や曇り、雨の日は発電量が少なくなりますし、周囲の建物のせいで日射を遮られてしまうようなことがあれば、発電能率も著しく下がります。

他にも、樹木、電柱、鳥のフンなどが発電効率を下げることもあります。

安定した電力を得ることが大きな課題でもありますが、ソーラーパネルの設置方法や場所によっても、太陽光の降り注ぐ量が変化するので、十分に検討してから導入・設置することをお勧めします。

全国200社に一括で無料見積もりがとれるのはこちら

関連リンク

太陽光発電イメージ

太陽光発電の価格比較

このサイトでは、太陽光発電の価格の比較、一括見積もりのサイトを解説しています。

お問い合わせ

お問い合わせはこちらまで