太陽光発電の電気は売ることができる? 太陽光発電の価格比較

太陽光発電の電気は売ることができる?

晴れた日は、屋根に設置されたソーラーパネルが良く電気を作ってくれます。

昼間は外も明るいですし、電気を使うことも少ないので、時には自家発電した量が電気の使用量を上回ることもあります。

実は、この作り過ぎた電気は、電力会社に買取ってもらうことができるのです。

これを売電といって、太陽光発電以外にも風力発電で電気を買取ってもらうことができます。

余った電気を売ることで、電気代節約にかなり役立ちます。

しかし、残念ながら太陽光発電は充電することができません。

つまり、電気は作るだけで溜めておくことができないのです。

昼間にたくさん作った電気を溜めておいて、夜使う電気を賄うということもできませんし、晴れた日にたくさん作った電気を溜めておいて、売電で利益を得ようということもできません。

それでも昼間使わない電気を売電してもらえるのですから、ムダになることはありませんね。

売電は、太陽光発電システムを導入して、すぐ使えるというわけではありません。

電力会社と売電の契約をしなくてはならず、申請して受理されるまで2カ月ぐらいかかることもあります。

全国200社に一括で無料見積もりがとれるのはこちら

関連リンク

太陽光発電イメージ

太陽光発電の価格比較

このサイトでは、太陽光発電の価格の比較、一括見積もりのサイトを解説しています。

お問い合わせ

お問い合わせはこちらまで