災害時でも太陽光発電は使えるの? 太陽光発電の価格比較

災害時でも太陽光発電は使えるの?

自然災害のときにライフラインが切断されてしまうと、便利な生活になれた現代人はかなりの困難を強いられます。

太陽光発電システムがあれば自家発電もできるので、取りあえず電気の心配はしないでいいのでは?と思う人も多いでしょう。

しかし、太陽光発電システムは停電すると、使えなくなる機能があるのです。

それは太陽光発電システムの電気ができる仕組みを考えてみると、分かりやすいでしょう。

ソーラー電池で集めた太陽光はそのままでは家庭で使えないので、変換器を通して家庭用の電気に変換しなくてはいけません。

その変換器の動力は、電力会社から供給されている電気なのです。

つまり、停電してしまえば変換器が止まってしまうので、電気も変換されないということなのです。

それに太陽が出ているときにしか電気は作られないので、夜は発電されませんし、曇りや雨の日にも発電量が少なくなってしまいます。

これでは災害時にまったく役立たないということになってしまいますが、モードを自立運転切り替えると、発電した電力を利用できます。

自立運転のときには1500wまでの機械しか動かせないのですが、それでもまったく電気が来ない状態よりもかなり心強いでしょう。

全国200社に一括で無料見積もりがとれるのはこちら

関連リンク

太陽光発電イメージ

太陽光発電の価格比較

このサイトでは、太陽光発電の価格の比較、一括見積もりのサイトを解説しています。

お問い合わせ

お問い合わせはこちらまで