太陽光発電の導入によって、電気代はどう変わるのでしょうか? 太陽光発電の価格比較

太陽光発電の導入によって、電気代はどう変わるのでしょうか?

太陽光発電を導入する動機として一番強いのは電気代が安くなることでしょう。

実際の電気代は天候に左右されますから、確実なことを知るのは難しいですが、過去のデータからおおよそのことがわかります。

太陽光発電はソーラー電池を使用しています。

これは通常の電池のように電気を蓄えているわけではありません。

つまり、太陽が出ていない雨の日や夜は全く役に立っていないのです。

それでも、一日を通した電気の使用料はおおよそ3分の2ぐらいになります。

そして、日中はほとんど電気を使わない家庭では発電した電気の大半を売電することができます。

使用料が減った分と売電する分を合わせると、電気代は半分以下になるのです。

大きな面積の太陽電池を取り付けた場合には、それ以上の効果が期待できるでしょう。

住宅の屋根の向きと広さによって、発電量は変わってきますし、日本中が同じ日射量ではありません。

太陽電池のメーカーのホームページを見ると、電気代のシミュレーションができるようになっていますから、参考にしてください。

全国200社に一括で無料見積もりがとれるのはこちら

関連リンク

太陽光発電イメージ

太陽光発電の価格比較

このサイトでは、太陽光発電の価格の比較、一括見積もりのサイトを解説しています。

お問い合わせ

お問い合わせはこちらまで