太陽光発電で余った電気はどうやって売るの?しくみや値段は? 太陽光発電の価格比較

太陽光発電で余った電気はどうやって売るの?しくみや値段は?

太陽光発電で発電した電気はもちろん家庭で使用します。

でも、お昼間の太陽が出ている時間より、夜間の方が消費電力は多いのです。

その為、お昼間に発電した電気が余ってしまう事になります。余った電気をためておく(蓄電)ことは基本的に出来ない仕組みになっています。

そこで「売電」というシステムを利用することが出来ます。余った電気(余剰電力)を電力会社に売る(売電)ことが出来ます。

では売電の価格はいくらなのでしょう?

売電価格は一般家庭など発電量が10kw未満のシステムの場合、1kwあたり42円となっています。

この金額は導入した年から10年間は約束されていますが、毎年変わる可能性もあるので注意して下さい。

売電ってどうするのだろう?と思われると思いますが、特別むずかしいことはありません。

太陽光発電のシステムを設置する時点で売電用のメーター(パワーコンディショナー)が取り付けられます。

パワーコンディショナーによって余った電気は送電線に戻されます。

送電線に戻された電力量を計測して売電した量がわかるようになっています。

全国200社に一括で無料見積もりがとれるのはこちら

関連リンク

太陽光発電イメージ

太陽光発電の価格比較

このサイトでは、太陽光発電の価格の比較、一括見積もりのサイトを解説しています。

お問い合わせ

お問い合わせはこちらまで