太陽光発電は本当にオトク?損することはないの? 太陽光発電の価格比較

太陽光発電は本当にオトク?損することはないの?

太陽光発電は「エコ住宅」の代表的なものと言えます。地球温暖化の対策としても注目されています。

でも、本当にオトクなのか太陽発電を導入しようとする時には考えてしまいますね。

設置のコストも高いと聞いているのに、元がとれるのはどのくらいかかるのでしょうか。

考え方としては

「最初にかかった費用」÷「一年間に節約できた光熱費(太陽光発電にしなかった場合、電力会社に払っていたはずの電気代)」=償却年数(元のとれる年数)

オール電化も同時に導入した場合は、ガス会社に支払っていた料金もプラスされます。

では、オール電化の家庭である想定で考えてみます。

太陽光発電にすると余剰の電気を電力会社に売ることができます(昼間と深夜では売電の料金が異なります)。

自分たちが使う電気は当然太陽光発電で作られた電気を使用します。

あとは通常の通り電力会社から電気を買う部分もあります。

この部分を考えて計算してみればいい訳ですが、毎日同じ発電量にはならないですし、支払う方の電気料金も昼間と深夜で違います。

もちろん季節にも左右されますので単純計算ではなかなか難しいところです。

だいたい、標準的とされる太陽光発電では15年位で償却できる計算になるようです。

太陽光発電のシステムは30年もつと言われています。

ただし途中でメンテナンスも必要になってきますので、導入前には必ずシュミレーションをしてみましょう。

全国200社に一括で無料見積もりがとれるのはこちら

関連リンク

太陽光発電イメージ

太陽光発電の価格比較

このサイトでは、太陽光発電の価格の比較、一括見積もりのサイトを解説しています。

お問い合わせ

お問い合わせはこちらまで