太陽光発電にしたいけど、どのメーカーを選べばいいの? 太陽光発電の価格比較

太陽光発電にしたいけど、どのメーカーを選べばいいの?

太陽光発電を考えているけれど、どのメーカーのものを選んでいいのかわからない。

そもそもメーカーによってどんな違いがあるのかわからない。と思いますよね。

まずは太陽光パネルの種類を知っておきましょう。

屋根の上にのる太陽光パネルは「セル」というものの集まりになりますが、作り方や使う原料によって特徴が違って来ます。

まず大きく分けて「シリコン系」と「化合物系」。「シリコン系」は「単結晶シリコン」・「多結晶シリコン」・「HIT型」があり、「薄膜系」は「アモルファス(非結晶)」。

「化合物系」は「CIS・CIGS系」に分かれます。

選ぶ基準はやはり、コストと変換効率(太陽光のエネルギーを電気に変換できる率)になります。

一般的に変換効率は10〜20%弱です。

コストの高い順に並べると、単結晶シリコン→多結晶シリコン→化合物系となり、発電効率もこの順になります。

「HIT型」は単結晶+アモルファスで効率が非常に良くなっています。

高価格のものは設置スペースが狭くても発電効率が良いです。

設置スペースが広くとれ、コストも低く抑えたいならCIGS系が良いかもしれません。

あとは保証の部分です。

大部分のメーカーは10年保証をつけていますが、長いものでは25年の保証をつけているメーカーもありますので、保証も含めて検討することが必要でしょう。

全国200社に一括で無料見積もりがとれるのはこちら

関連リンク

太陽光発電イメージ

太陽光発電の価格比較

このサイトでは、太陽光発電の価格の比較、一括見積もりのサイトを解説しています。

お問い合わせ

お問い合わせはこちらまで