太陽光発電。万が一の時にはどうやって発電するの? 太陽光発電の価格比較

太陽光発電。万が一の時にはどうやって発電するの?

太陽光発電のメリットには「自家発電」があります。自分で電気を作ることが出来るということです。

しかし、停電や万が一の災害時などに本当に役に立つのでしょうか?

まず知っておくことは、太陽光発電のシステムは停電した時などは自動的に停止するようになっていると言うことです。

この場合「自立運転モード」というものに切り換えて「自立運転コンセント」を使うことで使用可能です。

しかし、「太陽が出ている日中」というのが条件です。夜は使えませんし、お天気の悪い時も発電量は低くなります。

覚えておくべきことは、自立運転モードへ切り換えるスイッチがどこにあるかという事です。

必ず確認しておきましょう。

「自立運転コンセント」はパワーコンディショナーに付いています。

自立運転が出来たからと言って、普段の生活がそのまま出来る訳ではありません。自立運転時に使える電気は上限1,500Wです。

メーカーによって多少異なります。

携帯電話の充電(5W)・ラジオ(20W)・冷蔵庫の待機電力(600W)・湯沸かしポット(1,000W)と言われています。

万が一の時の為に、必要な電力量を計算しておく事も必要かもしれません。

全国200社に一括で無料見積もりがとれるのはこちら

関連リンク

太陽光発電イメージ

太陽光発電の価格比較

このサイトでは、太陽光発電の価格の比較、一括見積もりのサイトを解説しています。

お問い合わせ

お問い合わせはこちらまで