太陽光発電、太陽電池の種類 太陽光発電の価格比較

太陽光発電、太陽電池の種類

太陽光発電は、使われている素材に「シリコン系」と「化合物系」があります。

さらに、シリコン系は結晶系とアモルファス(シリコン、シリコン合金)に分類され、結晶系は単結晶と多結晶に分けられます。

一方化合物系は、単結晶と多結晶に分類されます。

このシリコン系と化合物系は、住宅用・産業用の太陽電池問わず広く使われており、その中でもっとも発電効率が高いのが、単結晶化合物になります。

非常に高価なため、特殊用途でしか使われることはありません。

それぞれにはきちんと特徴があり、変換効率と信頼性ともに高い評価があるのが、先ほども名前が挙がった「単結晶化合物」になります。

人工衛星など主に宇宙上で使われることが多く、高価であることがもっとも大きな特徴になります。

「単結晶シリコン」も変換効率・信頼性ともに優れており、宇宙だけでなく地上でも豊富な使用実績があります。

変換効率・信頼性が低いのは、アモルファスと多結晶化合物です。前者は民生・地上で使われ、蛍光灯下で作動しやすいといわれています。

後者も民生・地上で使われますが、資源量が少ない公害物質を含むことがあり、効率の良い太陽電池としてはデメリットが目立ってしまいます。

全国200社に一括で無料見積もりがとれるのはこちら

関連リンク

太陽光発電イメージ

太陽光発電の価格比較

このサイトでは、太陽光発電の価格の比較、一括見積もりのサイトを解説しています。

お問い合わせ

お問い合わせはこちらまで