太陽光パネルの種類 CIS太陽電池(しーあいえすたいようでんち)とは? 太陽光発電の価格比較

太陽光パネルの種類 CIS太陽電池(しーあいえすたいようでんち)とは?

太陽光パネルに使用される太陽電池は、シリコンを利用した単結晶、多結晶型のものが主流でしたが、研究が進み、より効率のよい安定した発電を期待できる新しい太陽電池が登場してきています。

その内のひとつがCIS太陽電池。銅、イジリウム、セレンを仕様しており、この3つの成分の頭文字をとりCISと呼ばれています。

CIS太陽電池は、従来のものと比べ出力ロス、発電ロスが少ないという特徴があります。

従来型の太陽電池では、真夏の炎天下など太陽光パネルが高温になると出力ロスが発生してしまいます。

それに対して、CIS太陽電池は温度係数が高いため、高温になっても出力ロスが起こりにくいのです。また、従来の結晶系の太陽電池だと、パネルに影ができるとパネル全体の発電量が大きく落ちてしまいますが、CIS太陽電池であれば一時的に発電量は落ちるものの、安定した発電が期待できるのです。

現段階では、結晶系のソーラーパネルの変換効率のほうがまだまだ高いのが実情です。

ですが、上記の特徴から年間を通して安定的に電力を作ることができるため、トータルで見ると結晶系のソーラーパネルを凌ぐ場合もあります。

今後の研究開発次第では、更なる性能の向上を秘めた期待の新素材と言えそうですね。

全国200社に一括で無料見積もりがとれるのはこちら

関連リンク

太陽光発電イメージ

太陽光発電の価格比較

このサイトでは、太陽光発電の価格の比較、一括見積もりのサイトを解説しています。

お問い合わせ

お問い合わせはこちらまで