太陽光パネルの種類 単結晶(たんけっしょう)と多結晶(たけっしょう)の太陽光パネルとは 太陽光発電の価格比較

太陽光パネルの種類 単結晶(たんけっしょう)と多結晶(たけっしょう)の太陽光パネルとは

太陽光パネルに使用される太陽電池には単結晶と多結晶などがあります。

シリコンを溶かして冷やし固めたものが結晶シリコンと呼ばれるのですが、ひとつの大きな結晶で作るのか、小さな多くの結晶を集めて作るのかの違いが単結晶と多結晶の違いになります。

単結晶と多結晶、製造過程の違いが太陽光パネルにどう影響してくるかというと、変換効率、価格面で違いが出てきます。

多結晶の場合、変換効率が15%前後になるのに対し、単結晶の場合は18%前後と単結晶のほうが高性能であるといえます。

しかし、単結晶は多結晶に比べて製造コストが高いという難点があり、導入時にもそのコストが価格に反映してしまいます。

メーカーによって価格は違ってくるので、比較検討する必要はありますが、基本的には性能を若干犠牲にしても、コストを抑えたい方は多結晶の太陽電池を、多少価格が上がっても、変換効率がよく、高性能なものを使用したいという方は単結晶ということになります。

全国200社に一括で無料見積もりがとれるのはこちら

関連リンク

太陽光発電イメージ

太陽光発電の価格比較

このサイトでは、太陽光発電の価格の比較、一括見積もりのサイトを解説しています。

お問い合わせ

お問い合わせはこちらまで