太陽光発電設置と固定資産税の関係とは? 太陽光発電の価格比較

太陽光発電設置と固定資産税の関係とは?

太陽光発電システムを設置する場合、大きく分けて次の二つのケースになるかと思います。新築で家を建てる際に、太陽光発電システムも一緒に組み込む。

今住んでいる家、もしくは中古で家を購入した際に後から太陽光発電システムを組み込む。どちらも太陽光発電を設置するのには変わりはありませんから、違いは無いんじゃないの?

と思うかもしれませんが、そうとは言い切れない事情があるのです。

それは固定資産税が発生するか発生しないかの違いです。固定資産税は、住宅の家屋の所有者に課せられる税金ですが、太陽光発電を設置することで家屋の価値が上がり、税金が変わってくる可能性があるのです。

屋根置き型の太陽光発電の場合は、一般的に固定資産税はかからないといわれていますが、新築で屋根材一体型の太陽光発電の場合、固定資産税があがる場合が多いようですね。固定資産税の算出は、非常に細かく複雑なため、太陽光発電システムのメーカーから詳しい説明を受けることはほとんど無いと思います。

不明な点がある場合には、税理士さんなど専門の方に相談してみるのがよいでしょう。

全国200社に一括で無料見積もりがとれるのはこちら

関連リンク

太陽光発電イメージ

太陽光発電の価格比較

このサイトでは、太陽光発電の価格の比較、一括見積もりのサイトを解説しています。

お問い合わせ

お問い合わせはこちらまで