太陽光発電 屋根据え置き型と屋根材一体型の違いとは? 太陽光発電の価格比較

太陽光発電 屋根据え置き型と屋根材一体型の違いとは?

太陽光のソーラーパネルには、屋根の上に乗せる屋根据え置き型と、屋根材と一体化になった屋根材一体型の2種類があります。

今までは、屋根据え置き型が主流で、町で見かける太陽光パネルも据え置き型のパネルが多いのではないかと思います。

が、据え置き型はぱっと見でわかるほど存在感があっていまいち見栄えがよろしくないのが難点でもあります。

近年増加傾向にある、屋根材一体型は、屋根材や外壁にあらかじめソーラーパネルが組み込まれています。

そのため従来型と比べて、屋根の凹凸が無く見た目がすっきりするのが特徴です。

一見、据え置き型の太陽光パネルには魅力が無いように思いがちですが、既存の住宅地に設置する場合などにはまだまだ需要が高いです。

そして、前回の記事と少し内容がかぶりますが、固定資産税の問題が出てきます。

屋根一体型の太陽光パネルの場合、固定資産税が上がってしまうのですが、屋根据え置き型であれば、基本的には税金には影響してきません。

見た目を取るのか、税金を取るのか難しい選択ではありますね。

全国200社に一括で無料見積もりがとれるのはこちら

関連リンク

太陽光発電イメージ

太陽光発電の価格比較

このサイトでは、太陽光発電の価格の比較、一括見積もりのサイトを解説しています。

お問い合わせ

お問い合わせはこちらまで