太陽光発電システムを設置する屋根の形の種類 太陽光発電の価格比較

太陽光発電システムを設置する屋根の形の種類

一般家庭では、太陽光パネルを屋根に乗せて設置します。

屋根のデザインによっては乗せることができるパネルの数が変わってくるので、発電効率に影響があります。

新築を考えている人は、屋根の形も頭に入れながら、太陽光発電システムの導入を検討sなければなりません。

・切妻屋根(きりづまやね)

2つの斜面からから構成されており、構成がシンプルなので、一般家庭では切妻屋根であることが多いです。

太陽光発電システムの場合、南側の斜面に太陽電池パネルを設置したほうが、もっとも発電効率が良くなります。

ただし、デザインのために設けた突起物により、設置できるパネルが少なくなってしまうことがあります。

・寄棟屋根

四面の斜面で構成されている屋根の構造です。

上から見ると台形二面、三角形二面で構成されています。

南側、もしくは東西の屋根にもパネルを取り付けることがあります。

・陸屋根

屋根が平面になっている形状です。

架台を設置してから太陽光パネルを設置するので、設備代に費用がかかることもあります。

全国200社に一括で無料見積もりがとれるのはこちら

関連リンク

太陽光発電イメージ

太陽光発電の価格比較

このサイトでは、太陽光発電の価格の比較、一括見積もりのサイトを解説しています。

お問い合わせ

お問い合わせはこちらまで