太陽光発電システムで必要な構成機器 太陽光発電の価格比較

太陽光発電システムで必要な構成機器

・太陽電池

太陽光を取り込んで電気に変換するための機器です。

電池と名前はついていますが、貯めておくことはできません。

太陽電池を並べてパネル状にしたものは、ソーラーパネルといいます。

さらにソーラーパネルを何枚か並べたものは、太陽電池アレイと呼びます。

・接続箱

複数の太陽電池から発電された直流電流をひとまとめにする箱のことです。

・パワーコンディショナー

接続箱で集められた直流電流を、交流電流に変換する機器です。

交流電流に変換しなければ、家庭で使うこともできなければ、電力会社へ売ることもできません。

・屋内分電盤

家庭の様々な電化製品、部屋へ電気を振り分ける役目の機器です。

太陽電池側にもブレーカーがついていて、漏電、異常電圧から回路を遮断するために必要なものです。

・電力量計

分電盤と電力会社の間に設置されている機器のことです。

電力量計では売電量、買い電量を計測することができ、電力モニターによってその量を見ることができます。

全国200社に一括で無料見積もりがとれるのはこちら

関連リンク

太陽光発電イメージ

太陽光発電の価格比較

このサイトでは、太陽光発電の価格の比較、一括見積もりのサイトを解説しています。

お問い合わせ

お問い合わせはこちらまで