屋根へのソーラーパネルの設置の仕方 太陽光発電の価格比較

屋根へのソーラーパネルの設置の仕方

ソーラーパネルの設置の仕方は、屋根据え置き型と屋根材一体型の二つに分けることができます。

・屋根据え置き型

一般家庭で、最も多いのがこちらの設置方法です。

まず、屋根に架台を設置し、その上にソーラーパネルを置いて固定します。

勾配のある屋根や平らな屋根など、どんな屋根でも設置することができ、新築、中古共に導入がしやすいです。

他にも発電効率が良い、税金がかからない、価格が安いなどのメリットがあります。

・屋根材一体型

屋根の材料とソーラーパネルが一体化している設置方法です。

屋根材と一体化しているので新築や大規模な増改築時にしか導入することができませんが、とても見た目が良くなるのがメリットです。

他にも架台が必要無いので、軽量、屋根への負担が少ない、工期の短縮などのメリットがあります。

しかし、固定資産税の課税対象になり、コストがかかってしまったり、故障したときの取り替えなどに手間がかかったりするなどのデメリットがあります。

全国200社に一括で無料見積もりがとれるのはこちら

関連リンク

太陽光発電イメージ

太陽光発電の価格比較

このサイトでは、太陽光発電の価格の比較、一括見積もりのサイトを解説しています。

お問い合わせ

お問い合わせはこちらまで