太陽光発電の余剰電力 太陽光発電の価格比較

太陽光発電の余剰電力

余剰電力とは、発電して余った電力のことです。

太陽光発電システムの場合、天気が良い日は効率良く電気を作ります。

しかし、最も発電効率の良い昼間は家を留守にする人が多く、家庭での電気消費量は少ないのが現実です。

しかもせっかく作った電気は溜めておくことができないので、留守の間作った電気を夜に回すということができません。

しかし、その余剰電力は電力会社に買取ってもらうことができるので、昼間作り過ぎた電気は送電網を通して電力会社へ送られるようになっています。

このシステムを、売電といいます。

売電は太陽光発電システムを導入してすぐ使えるものではなく、電力会社との契約をする必要があり、その手続きに2か月ぐらいかかります。

太陽光を始めとする再生可能エネルギーでの発電システムは、初期費用がかかってしまうのが難点です。

しかし、国が積極的にシステム導入を進めており、導入するときには費用を援助してもらうシステムがあります。

全国200社に一括で無料見積もりがとれるのはこちら

関連リンク

太陽光発電イメージ

太陽光発電の価格比較

このサイトでは、太陽光発電の価格の比較、一括見積もりのサイトを解説しています。

お問い合わせ

お問い合わせはこちらまで