太陽光発電で使うソーラーパネルとは 太陽光発電の価格比較

太陽光発電で使うソーラーパネルとは

ソーラーパネルは、太陽の光を電気に変換するのに欠かせないものです。

太陽電池を並べてパネル状にしたものが、ソーラーパネルと呼びます。

住宅の屋根に並んでいる黒っぽいパネルが、ソーラーパネルというものです。

太陽光発電を一般住宅に導入するには、ソーラーパネルを何枚か屋根に設置するだけではできません。

屋根に設置したソーラーパネルで電気を取り込んだら、接続箱、パワーコンディショナーを通して、家庭で使える電気に変換します。

それからさらに分電盤を使って各部屋に電気を分けることによって、初めて電気が使えるようになるのです。

ソーラーパネルは少しでも効率良く太陽光を取り込めるように、南向きの屋根に設置することが普通です。

寿命は半永久的だの20年以上だの言われていますが、実際には10年以内で発電効率が下がることが多いので、数年に一回はメンテナンス、点検をした方が良いでしょう。

メーカーで得られる保証期間は、10年から20年です。

全国200社に一括で無料見積もりがとれるのはこちら

関連リンク

太陽光発電イメージ

太陽光発電の価格比較

このサイトでは、太陽光発電の価格の比較、一括見積もりのサイトを解説しています。

お問い合わせ

お問い合わせはこちらまで