太陽光発電の発電効率とは 太陽光発電の価格比較

太陽光発電の発電効率とは

発電効率とは、太陽光発電を始めとする発電システムで、発電するのに使うエネルギーに対し、どのくらい電気に変換することができるのかをあらわす割合です。

太陽光発電で30%の発電効率の場合、取りこんだ太陽光が100とした場合にそのうちの30を電気に変換することができるということです。

発電効率が高ければ高いほと、少ない太陽光でも効率良く電気に変えてくれるということになります。

太陽光の発電効率は、季節や天気、温度によっても異なりますが、ソーラーパネルの設置方法や周囲の環境によっても異なります。

また、ソーラーパネルの劣化によっても、発電効率は下がってしまいます。

住宅では少しでも発電効率を高めようとして、屋根に南向きに設置します。

しかし、固定されているので、一定期間のみ発電効率が良いということになります。

業務用に発電する太陽光発電システムでは、太陽光の角度によりパネルが動くものもあり、常に最大の発電効率を得ようと工夫がされています。

全国200社に一括で無料見積もりがとれるのはこちら

関連リンク

太陽光発電イメージ

太陽光発電の価格比較

このサイトでは、太陽光発電の価格の比較、一括見積もりのサイトを解説しています。

お問い合わせ

お問い合わせはこちらまで