太陽電池とはどのような電池? 太陽光発電の価格比較

太陽電池とはどのような電池?

太陽電池とは、太陽の光を取りこんで、電気に変換するものです。

半導体でできていて、最も多く用いられているのがシリコン太陽電池です。

太陽電池には種類があり、用いられている素材によってシリコン系と化合物半導体系に分けられます。

そのうち、シリコン系の太陽電池でもシリコン膜の構造によって、分類されます。

シリコン系の中でも一番多いのが結晶系と呼ばれるものですが、非結晶質系と呼ばれるものがアモルファスシリコン太陽電池です。

シリコン系の太陽電池の一つであるアモルファスシリコン太陽電池は、今まで電卓や時計などに用いられていました。

従来の結晶型シリコン系太陽電池と比べて、気温が高くなり過ぎても発電効率が下がりにくい、日射量が少ない時でも効率良く発電できるなどのメリットがあります。

そのため、最近ではアモルファスシリコン太陽電池を住宅用の太陽光発電システムへ導入することが増えてきました。

他にも、薄くて複雑な形にも加工が簡単というメリットがあります。

全国200社に一括で無料見積もりがとれるのはこちら

関連リンク

太陽光発電イメージ

太陽光発電の価格比較

このサイトでは、太陽光発電の価格の比較、一括見積もりのサイトを解説しています。

お問い合わせ

お問い合わせはこちらまで