太陽光発電はどれぐらい電気を発電するの?システムと地域と発電量の関係その2 太陽光発電の価格比較

太陽光発電はどれぐらい電気を発電するの?システムと地域と発電量の関係その2

太陽光発電はどれくらい電気を発電するのか?続きまして残りの条件を書いて行きます。

その4設置する地域。取り付けようとしている家庭の住んでいる所でも、発電量は変わっていきます。

雨や曇の多い地域、日照時間が短ければ短いほど発電料は下がります。主に雪国地域は南の方と比べて、発電量が低くなっていきます。

その5気候。天気と気温、季節によっても発電量が変わります。晴れの日は発電量が多く、曇りや雨の日は少なくなります。

また雪がソーラーパネルに積もってしまうと太陽の光を受けられなくなり、発電が出来なくなってしまうので、雪が積もらない角度での設置、マメな雪下ろしも必要となります。

また、太陽電池は高温より低温の方が変換効率が上がるので、気温が低く日照時間が長い地域ほどたくさんの発電をします。

以上を踏まえまして、東京都の場合、およそ平均で年間3500Whの発電が太陽光発電で行われます。

一般家庭の年間電力が5500kWhなので、約60パーセントの節約となる計算になります。(kwh=1時間あたりの電力消費料。

システムにより発電量は変動します)1ヶ月1万円の電気代計算として、そのうち6000円分を太陽光発電でまかない、余剰電力を売電収入も得られるので、さらなる節約が可能となります。

全国200社に一括で無料見積もりがとれるのはこちら

関連リンク

太陽光発電イメージ

太陽光発電の価格比較

このサイトでは、太陽光発電の価格の比較、一括見積もりのサイトを解説しています。

お問い合わせ

お問い合わせはこちらまで