太陽光発電はどれぐらい電気を発電するの?システムと地域と発電量の関係その1 太陽光発電の価格比較

太陽光発電はどれぐらい電気を発電するの?システムと地域と発電量の関係その1

太陽光発電ではどれぐらいの電力を発電するのか?こちらは条件によって大きく変化していきます。

せっかく設置したのにあまり使えない、などが無いよう、設置の前に販売施工会社に十分な確認が必要です。

その条件というのが、下記の5つです。

その1ソーラーパネルの設置枚数。ソーラーパネルの設置する数が増えれば増えるほど、単純に発電量は増えていきます。

年々ソーラーパネルは小さくなって行っていますが、屋根の大きさには限界もありますので、いかにスペースを有効活用して多く設置出来るかが重要になっていきます。

その2ソーラーパネルの性能。ソーラーパネルはメーカーごとに色々なものがありますが、このパネルで重要視する点が「変換効率」というものです。

変換効率とは、太陽の光エネルギーをどれくらい電気エネルギーに変換出来たかを表す値です。数値が高いほど高性能になります。

その3ソーラーパネルの設置場所。ソーラーパネルは太陽の光エネルギーを浴びて発電する仕組みです。なので、日陰に隠れてしまえばそれだけ発電量が低下します。

多く発電するためには、屋根の向きや周囲の建物・設置場所・角度をよく考慮して設置する必要があります。   

全国200社に一括で無料見積もりがとれるのはこちら

関連リンク

太陽光発電イメージ

太陽光発電の価格比較

このサイトでは、太陽光発電の価格の比較、一括見積もりのサイトを解説しています。

お問い合わせ

お問い合わせはこちらまで