失敗しない太陽光発電選び 太陽光発電 メーカー、施工会社を選ぶ際のポイント2 太陽光発電の価格比較

失敗しない太陽光発電選び 太陽光発電 メーカー、施工会社を選ぶ際のポイント2

前回に引き続き太陽光発電を選ぶ際の重要なポイントをご紹介していきます。

【発電効率】発電効率というのは、同じ面積でどのくらいの電力を発電できるかということですね。

例えば、単結晶の太陽電池を使用し、発電効率の高さに定評がある東芝だとモジュール変換効率が19.3%、ソーラーフロンティアの場合は12.2%。

これがどのような違いになるかというと、同じ10平方メートルの面積にソーラーパネルを設置した場合、東芝は1.93kw、ソーラーフロンティアは1.22kwという数字になります。

ようするに発電効率のよいソーラーパネルを設置することで、少ない面積で効率よく電力を作ることができるわけです。

ただし、発電効率が良いから価格もお得というわけでもありません。むしろ発電効率が良いものは単価は割高である場合がほとんどです。

ソーラーフロンティアは発電効率こそ低めですが、KW単価が安いので、設置面積さえ気にしなければ、かなりお得なメーカーなのです。発電効率は、ソーラーパネルの設置面積に余裕が無い場合に、特に重要視するべきポイントといえます。

全国200社に一括で無料見積もりがとれるのはこちら

関連リンク

太陽光発電イメージ

太陽光発電の価格比較

このサイトでは、太陽光発電の価格の比較、一括見積もりのサイトを解説しています。

お問い合わせ

お問い合わせはこちらまで