太陽光発電の寿命はどのくらいなのか? 太陽光発電の価格比較

太陽光発電の寿命はどのくらいなのか?

太陽光発電システムを取り付けるには、なかなか高いコストをかけることになりますから、設置した後にどのくらい持ってくれるのかというのは気になるところですよね。

はたして、太陽光発電の寿命ってどのくらいなのでしょうか?

そこで、ここでは気になる太陽光発電の寿命がどの程度なのかをご紹介していきたいと思います。

太陽光発電は太陽電池と周辺機器とで構成されていますが、もちろんそれぞれで寿命が違ってきます。

まずは太陽電池の寿命…こちらは基本的に20年と言われておりますので、長い期間使用できるようになっています。

発電量が極端に低下してしまうということにならなければずっと使用することが出来るため、長いと30年も持つことがあるようです。

そして、その他周辺機器の寿命ですが、こちらは基本的に10年前後持つと言われています。

このように、太陽光発電は基本的に寿命が長い発電システムとなっています。

設置費用がある程度かかってしまうものですから、寿命が長いというのは非常に嬉しいことですね。

全国200社に一括で無料見積もりがとれるのはこちら

関連リンク

太陽光発電イメージ

太陽光発電の価格比較

このサイトでは、太陽光発電の価格の比較、一括見積もりのサイトを解説しています。

お問い合わせ

お問い合わせはこちらまで