太陽光発電にデメリットはあるのか? 太陽光発電の価格比較

太陽光発電にデメリットはあるのか?

魅力なところが多いことで注目されている太陽光発電ですが、デメリットは存在するのでしょうか?

どんなものでもメリットがある反面、デメリットも存在するもので、それは太陽光発電にも言えることです。

そこで、ここでは太陽光発電のデメリットをご紹介したいと思います。

1つ目のデメリットは、初期コストが高いことです。

太陽光発電を設置するためには、パネルの料金や工事費を含め、なかなか高額な料金がかかってくることになります。

ただし、この時かかった額は最初に月々の発電量などを計算してパネルの設置数を決め、計画的に売電を行っていくことによって10年程度で元を取ることが出来ます。

2つ目は、太陽の光がエネルギーとなる太陽光発電は天気やパネルを設置している場所によって発電量が左右されてしまうことです。

これにより、常に安定した供給を期待することはできないのですが、一年総合すると十分な発電を実感できます。

3つ目は、現段階では蓄電能力がないということ。

このため、太陽の光のない夜間に昼間発電した電気を使用するということが出来ません。

今後はこの蓄電についてが一番の課題となっており、夜間の供給を実現させるために様々な研究がおこなわれています。

全国200社に一括で無料見積もりがとれるのはこちら

関連リンク

太陽光発電イメージ

太陽光発電の価格比較

このサイトでは、太陽光発電の価格の比較、一括見積もりのサイトを解説しています。

お問い合わせ

お問い合わせはこちらまで