太陽光発電の構成は? 太陽光発電の価格比較

太陽光発電の構成は?

太陽光発電の導入の仕方はどうすればよいのでしょうか?それを知るためにまずは、太陽光発電システムに必要な機器構成を確認しましょう。

まずは、屋根に設置された太陽電池モジュールが太陽光を浴びると直流電力を発電します。

発電された直流電力は、電力会社より各家庭に供給される電気と同様の交流に変換するパワーコンディショナーを経由して分電盤へと送られます。

この分電盤まで到達した電気は、各部屋のコンセントへと分配されます。これが基本的な構成であり、昼間であれば、コンセントへと接続した家電製品が使用できるようになります。また、分電盤には、電力会社からの配電線が接続されます。

配電線には、電気量計が接続されます。

これにより、太陽光発電の発電量が電力消費量を上回れば、電力会社へ送電され、この余剰電力を買い取ってもらうことができ、逆に太陽光発電の発電量が電力消費量を下回る場合は、電力会社から送電される電力を購入し使用することになります。

全国200社に一括で無料見積もりがとれるのはこちら

関連リンク

太陽光発電イメージ

太陽光発電の価格比較

このサイトでは、太陽光発電の価格の比較、一括見積もりのサイトを解説しています。

お問い合わせ

お問い合わせはこちらまで