太陽光発電はいつから始まったのか?太陽光発電の歴史 太陽光発電の価格比較

太陽光発電はいつから始まったのか?太陽光発電の歴史

近年、住宅街を歩いていても家の屋根にソーラーパネルを取り付けている家庭が増えてきました。10年ほど前は一部の企業などでは盛んに行われていましたが、一般家庭ではさほど見かけなかった気もします。

そんな太陽光発電、一体いつから始まったのでしょうか?

物に光を当てると電気が発生します。これを「光起電力効果」と言います。この効果が発見されたのが1839年。その発見から100年以上も月日が流れた1954年、通信機器に用いる電池が熱帯地方での使用に耐えられなかったため、その代わりの電源として結晶シリコン太陽電池が開発されました。当時の太陽光エネルギーを電力に変換する変換率は、わずか6パーセントでした。

発明されたものの大変効果だった太陽電池は、もちろん一般家庭で使用できるようなものではなく、最初の実用化事例は1958年、アメリカ海軍が打ち上げた人工衛星ヴァンガード1というものに搭載されたことでした。

今じゃ一般家庭でも見かける太陽光電池の初仕事は、人工衛星への電力供給だったのです。

全国200社に一括で無料見積もりがとれるのはこちら

関連リンク

太陽光発電イメージ

太陽光発電の価格比較

このサイトでは、太陽光発電の価格の比較、一括見積もりのサイトを解説しています。

お問い合わせ

お問い合わせはこちらまで