太陽光発電は家の形によって取り付け方が異なると知っていますか? 太陽光発電の価格比較

太陽光発電は家の形によって取り付け方が異なると知っていますか?

太陽光発電は家の形によって取り付けられる寸法が異なります。

メーカーによって寸法規格が決まっているからです。

一番効率よく取り付けられるのは長方形の屋根です。

また、方角や傾斜角度も重要になります。

その違いが発電電力量の違いになるのです。

インターネットには角度と発電量の比較表が掲載されています。

一般には30度で100%の発電ができると言われています。

自分の家の屋根を調べておくことが大切です。

方角については真南が一番理想的ですが、真西でも80%以上の発電が可能です。

意外と発電していると思いませんか。

自分の家は南向きの屋根がないとあきらめている人もいるかも知れませんが、十分検討の余地があるのです。

屋根の形が斜めになった寄棟の家の場合は取り付けるソーラー電池に注意をしなければなりません。

長方形のパネルでは取り付ける枚数が少なくなってしまうからです。

シャープは寄棟の屋根に対応したソーラー電池を発売しています。

最初から斜めになっているので、効率よく取り付けることができます。

パネルの枚数で発電する電力量は決まりますから、このソーラー電池はかなり魅力的ではないでしょうか。

もちろん、価格は少し高くなりますが、発電量の増加で相殺されるのです。

太陽光発電のメリットは取り付けておくだけで電気を作り出しますから、利益となるのです。

貯金をしていて、それに利子がついていくようなものですね。

全国200社に一括で無料見積もりがとれるのはこちら

関連リンク

太陽光発電イメージ

太陽光発電の価格比較

このサイトでは、太陽光発電の価格の比較、一括見積もりのサイトを解説しています。

お問い合わせ

お問い合わせはこちらまで