施工業者によって違う太陽光発電システムの導入例を見てみましょう 太陽光発電の価格比較

施工業者によって違う太陽光発電システムの導入例を見てみましょう

太陽光発電で考えなければならないのは、パネルの配置と全体のシステムの発電量です。

パネルの配置はソーラーを制作しているメーカーによって制限があります。

寸法が決まっているからです。

施工業者は一つのメーカーのソーラー電池を使用することがほとんどですから、施工業者を選べば、発電量は決まってしまうのです。

施工事例を見てみましょう。

施工業者が架台を取り付ける写真などを見たことがあるでしょうか。

屋根に取り付けるのですから、台風などにも耐えられるようにしっかりと固定されています。

施工業者によって大きな差はありません。

これができないようなら、もぐりの施工業者と言われても仕方の内容な基本的な工事ですね。

それから、電気系統の配線です。

発電した電力と商用電力とを合わせて、室内で使用することになります。

売電のためのブレーカーなども設置されています。

太陽光発電のパネルは長方形がほとんどですから、広い屋根の家の方が発電には有利です。

もちろん、傾斜角度も考慮しなければなりません。

南向きの屋根が最適ですね。

発電量としては3kWぐらいから多いところでは5kWも確保することができます。

あなたの家に太陽光発電を取り付けた時のシミュレーションをしてもらうとよいでしょう。

まずは施工業者に見積もりの依頼ですね。

実際に取り付けた家庭では冬場の発電も多くなっています。

天候に左右されることは仕方ありませんが、20年後を考えれば取り付けて損はありません。

全国200社に一括で無料見積もりがとれるのはこちら

関連リンク

太陽光発電イメージ

太陽光発電の価格比較

このサイトでは、太陽光発電の価格の比較、一括見積もりのサイトを解説しています。

お問い合わせ

お問い合わせはこちらまで